クミコオオシマの日記帳

2ピースバンド暮葉のギターボーカル クミコオオシマがつらつらと書きます。日々のことやお知らせ、ちょっとしたまとめ、あとはラーメンの記録とか。ね。

2020年10月の麺

山口県の実家より更新しています。実は今月のラーメンこれで二杯目。一杯目は富士急ハイランドNARUTOエリアにて一楽(いちらく)のラーメンを食べたのですが、そちらはもうYouTubeの動画に登場してしまったため番外編という扱いにさせていただきまして、こちら今月のラーメンです!

 

f:id:pfau935:20201024202352j:image

 

山口県山口市 らーめん専門店 一髄(いちずい) の 『一髄ラーメン』です。

山口のラーメンって皆さん食べたことありますか?宇部ラーメンという括りもあるらしいのですが、スープはとんこつで、ちょっと臭くて(それが良い)、麺は細いけど細すぎず、スタミナ系とはまた違った力強さがあって、博多のとんこつとはまた違って濃厚で…改めて文字で説明しようとすると非常に難しいのですが、この手の一杯を作るラーメン店、私は東京で見たことがありません。地元に帰らないと食べられない味だと思っています。

 

ここのお店は初めて行きましたが、久しぶりに食べた故郷の味…という感じで幸せの一杯でした。ちなみに、高菜 もやしなどのトッピングは無料で付けることができます。嬉しい。

 

f:id:pfau935:20201024203545j:image

 

ごちそうさまでした。

 

 

2020年9月の麺

いやんいやん。3ヶ月ぶりのラーメンブログです。今年の夏は教習やら何やらでブログに全然手をつけられませんでした。諸々落ち着いてきましたので、また気ままに書いていこうと思います。

さて2020年9月のラーメンは、町田市にあるお店「町田汁場 しおらーめん進化 本店」の「しおらーめん」です。ラーメン好きの友人が教えてくれました。一応今回のラーメンはバイクの納車祝いの位置づけですが(バイク買ったんだー!)実際のところ口実作ってラーメン食べたいだけですよね、まあ。

 

で、こちらがそのラーメン。

 

f:id:pfau935:20200929210024j:image

 

ひとくち食べて度肝を抜かれました。え、塩ラーメンってこんな美味しいの…?

麺は非常につるつるしていて、食感はそうめんに似ているものがあります。透き通ったコク深いスープにピンクのチャーシュー、とっても美しいラーメンです。繊細なのにしなやか。切なさを感じる美味しさが口の中に広がります。

 

が、店内BGMはしっかりハードめのロックです(バスドラ16連が2分に1〜2回聞こえる程度) なんかそのギャップがおもしろくて、食べながら笑ってしまった。

ハードな音楽を好きな人が繊細なものを作っているっていうのが、良い(笑)

 

私がお店に着いたのは13時前くらいだったと思います、前に2組並んでいました。人気があるのも頷けます。

 

f:id:pfau935:20200929211026j:image

 

ごちそうさまでした。

 

 

----------
この日ラーメン屋さんに行ったときのモトブログです。 

www.youtube.com

 

 

2020.9.20 暮葉 コロナ禍でのライブを終えて

ライブ後少し時間が経ってしまいましたが、2020年9月20日 府中Flightにて、暮葉で久しぶりにお客さんを呼んでのライブをしました。足を運んでくださった皆様、また応援メッセージをくださった皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました!

ほんとうに、やって良かったです。演奏する目の前に皆さんがいるというのは、何にも代えられない素晴らしいことです。

しかしその一方、「実際に見るライブには、配信にはない魅力がある」と思いつつも、この状況でのライブのあり方については結局正解がわからないままです。

その場にいるすべての人が自らの意思でそこに集まり、自らの意思でその場を楽しんでいる…そう信じ、私たちは今後もライブをしようと思っています。

ライブハウスも私たち出演者もできる限りの対策や注意喚起をします。その点はしっかりやっていくので、安心してくださいね。"ちゃんとしてない場所"に皆さんを呼ぶようなことはしませんので。

 

なんというか、「バンドを組んで音楽を作ってライブをする」って言うだけなら単純なことなんですけど、そこには色々な想いが詰まっていて、意味があり、希望があり、思い出があるので、それをなるべく高い純度で音に詰め込むべく努力していこうと改めて心に刻んだ一日でした。

 

いつの日かまた心置きなくライブを楽しめるときが来ることを願って、今は今を大切にしていきましょう。今後ともバンド暮葉をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

雨が好きだよ。

ワークマンで雨用の服を一式揃えた。素晴らしき撥水。お手入れ用の防水スプレーもある。これで雨の日も原付でどこまでも行けるんだと思うと心が躍る。

 

私は雨が大好きだ。もちろん晴れも曇りも風も雷も好き。でも雨は特別。心が潤う。

物質的な面を見れば雨の日は面倒ごとが多い。傘をさしたり、レインコートを着たり、靴下の替えを忘れずに持ったり、タオルを忘れずに持ったり、濡れたものを入れるビニール袋を忘れずに持ったりしなくちゃいけない。あんまり急に気圧が下がると身体がびっくりして痛むことだってある。だから家から出るのは少し億劫。窓の外の雨を、内側から楽しむことが多かった。

 

がしかしだ。もうそんな我慢しなくて良いのだ。雨用の服を着て、行きたいところに行こう。雨の日に外でやりたいことがたくさんある。

公園の木の下でコーヒーを飲みたい。秘密の高架下でこっそりおにぎりを食べたい。傘に雨粒が当たる音をずっと聴いていたい。水溜りに反射する景色を写真に収めたい。道ゆく濡れた車を眺めたい(美しい車は濡れるとより一層美しいと思う)

 

全部やろう。全部全部やろう。せっかく雨のある星に生まれたんだもの。あふれるほどに楽しませてくれ。

 

 

 

 

関係ないけど、小学生の時に近所の友達みんなで傘を持ち寄って全部開いて地面に置いてうまく重ねてテントみたいにして秘密基地ごっこをしていたのを思い出した。ほんとに秘密基地だった。

 

 

2020年6月の麺

ハイーーー。今月は龍の家(たつのや)というラーメン屋さんに行きました。博多?とんこつです。個人的定番の味玉トッピング。

 

f:id:pfau935:20200612113359j:image

 

最近は豚骨以外のラーメンにチャレンジすることが多かったので、久しぶりに食べたピュアな豚骨ラーメンには家のような安心感がありました(笑)

 

この日は友人と。私もその子も結構食べるのが早くて、一瞬で完食してサクッと出ました(笑) 普段はなるべくゆっくり食べようにしていますが、ラーメンは無理ですわ…飲むように食べちゃう…。

 

シンプルで、最後まで美味しいとんこつでした。ごちそうさまでした。

 

f:id:pfau935:20200612113846j:image

 

やはりラーメンはしあわせだ。

 

 

 

近況 2020.6.11

思うように身動きが取れない部分もあるけれど、ワクワクを追いかけるのは変わらず楽しいものです。最近はライブができない&今後の予定が読めないので、家で曲を作ったり、勉強をしたり、あとはYouTubeの秘密基地で遊んだりしています。決して煌びやかではないが、それとなく充実、という感じ。

 

コロナウイルスの感染拡大をきっかけに色々なことを見つめたり、気付いたりしましたが…そもそも命というのは常に不安定で奇跡的なものだと、改めて思う今日この頃です。

 

今月はラーメンを食べたのでその記事もまた書きます。

 

下記、私のYouTubeチャンネルです。まあとんでもなくゆるいですが、ゲームをしたり原付に乗ったりしています。良かったら覗いて行ってくださいね。

www.youtube.com

 

 

ではまた☺︎

 

 

ぬるっと殻を破りたい

皆さま如何お過ごしでしょうか。あれこれと自粛が続く中あまりの閉塞感に耐え兼ね一度は塞ぎ込んだ私ですが、あたたかいメッセージを各方面からいただきまして、おかげさまで回復しつつあります。本当にありがとうございます。

さて、タイトルの通りなのですが、自分で纏った殻をそろそろ破るときなのかなと感じているのでその話を。

昨年(2019年)の2月にこんな記事を書きました。

当時の私が抱えていた心身の不調についてまとめたブログ記事です。Twitterアカウントのプロフィールに「ミュージシャン兼闘病人」と書き、この肩書を名乗ることで「自分は今療養中なのだ」と意識的に休養をとることができました。また、このプロフィール文をきっかけに私の配信を見てくださった方もいて、いろいろな役割を果たしてくれたのかなと思います。

1年丸々、いやそれ以上の期間しっかり休んだ私は、先の記事を書いたときに比べてとても元気になりました。上咽頭炎はほぼ完治、解離・PTSD・逆流性胃腸炎の症状は平常時ほとんど鳴りを潜めています。そのほかの症状も困ることはありつつも、だいぶ上手く付き合いながら生活できるようになったな…という感じです。

ここらで、闘病人の肩書は外そうかなと思います。

思っていたよりも早く夢が叶いました。もちろんこの投稿を境に急激に体質が変わるようなことはないので、困っている症状に関しては引き続きケアを続けていきます。

自らをどう説明するか、どのように名乗るかは内容によって良くも悪くも自分を縛り得ます。自分を病人だと思ったほうが都合のいい時期もあれば、別のことに目を向けたほうが胸を張って歩ける時期もあるものです。きっと今は後者な気がして、殻を破ってみようと思いこれを書いています。

「闘病人」の肩書に私は何度も守られました。使い終わった殻にありがとうの気持ちを残して、私はこれからも音楽を作りながら歩きます。「体調悪いです…」みたいな暗い話も多い中、応援してくださる皆さまには感謝しかありません。いつもありがとうございます。

今はこんな時期ですが、好奇心を音楽に絡めて皆さまにお届けできたらという気持ちは変わりません。これからもクミコオオシマとバンド暮葉をどうぞよろしくお願いいたします。

 

P.S.
当ブログ内『闘病人の生活の知恵シリーズ』は闘病経験者として継続します。最近めっきり更新できていませんが書きたいことがまだまだ沢山あるのです(笑) また近いうちに。