クミコオオシマの日記帳

2ピースバンド暮葉のギターボーカル クミコオオシマがつらつらと書きます。日々のことやお知らせ、ちょっとしたまとめ、あとはラーメンの記録とか。ね。

2020年秋 心の空気を入れ替える旅【後編】

少し長めの旅を振り返り、まとめる記事です。前編はこちらから。

 

 

旅の全体像はこんな感じ。東京以外は市の名前です。

■前半
1日目 東京→福岡→北九州(飛行機・新幹線・普通の電車)
2日目 北九州→下関→山口(船・自家用車)
3日目 山口→津和野(蒸気機関車)
4日目 宇部→東京(飛行機)

5日目は中休み。片付けや洗濯、後半の準備など

■後半
6日目 東京→静岡(バイク)
7日目 静岡→四日市(バイク)
8日目 四日市→京都(高速バス)
9日目 京都でステイ
10日目 京都→四日市(高速バス)
11日目 四日市→浜松(バイク)
12日目 浜松→東京(バイク)

 

それでは後半のまとめ、始めます。

 

6日目 東京→静岡

この日から人生初めてのロングツーリングに出発しました。二輪免許を取ってから僅か1ヶ月半での決行となりましたが、普段から乗ったり高速を走る練習をするなど自分なりに「いける」と判断して実行しておりますのでご安心くださいね。

 

中央道→東富士五湖道路→御殿場から新東名 このルートで静岡市を目指しました。まず思ったのが、リュックめちゃくちゃ邪魔(笑) 運転疲れよりも先に肩に痛みを感じてしまい、こまめすぎる休憩を挟んでの移動となりました。

 

私のバイクは250TRと言いまして、排気量は小さく、単気筒で車体も軽く、速く走るのには向いていないことは素人目にもわかります。ゆったりのんびり、道が空いていれば時速70キロ巡行、周りの車両に気を遣うシーンでは時速80~90キロ出すくらいでした。スピードを出せないことが初めから分かっていたので、スケジュールには余裕に余裕を持たせました。

静岡に到着後は現地の友人と合流し、さわやかのハンバーグを食べに行きました。

 

中身がレアのハンバーグです。ソースも美味しいし、何よりあの生挽肉をもちゃもちゃ食べてる感じがたまらんのですよな…(笑)

 

7日目 静岡→四日市

引き続きバイクです。前日の肩こりを踏まえ、荷物の詰め方を工夫しリュックをコンパクトにして出発しました。

 

ずっと高速を走るつもりが、強風に耐え兼ね岡崎東ICから下道へ。ここからしばらく国道1号線を名古屋方面に進み、途中謎に湧いた冒険欲に従い道を変えた結果名古屋市内を抜けるのに苦労しました(笑) 伊勢湾岸道を走ってみたかったけど、ただでさえ風が強い日に海沿いを高速でこのバイクで走るのは割と死ねる…というわけで大人しく四日市まで下道です。

 

ロンツーのゴールは四日市の祖父母宅でした。夜ご飯は祖父母と一緒に。祖母があまりにもお喋りで一人で延々と話し続けるタイプの人なので、私は相槌botをしながら祖母が作った里芋のから揚げを食べていました。美味しかったです。

 

8日目 四日市→京都

高速バスで京都へ向かいました。観光というよりも友人らに会いに行くためです(結局観光もしちゃったけど) 花街を歩いたり、酒を飲んだり、酒を飲んだりもしました。

写真は友人の家にお邪魔して作ったハマグリの酒蒸しと山口の郷土料理の瓦そば。

f:id:pfau935:20201108223455j:plain

ハマグリの酒蒸し

 

f:id:pfau935:20201108223459j:plain

瓦そば。本来は熱々の瓦の上にのせます(マジで)

 

このあたりで帰り道のことが不安になってきます。雨予報なのです。もしかしたら旅の疲れが出るかもしれないし、バイクが壊れるかもしれないし…とか考えだすとキリがなく、不安に飲まれてその場を楽しめない瞬間も。

「物事の終わりに安心を求める」心癖がぶわ~っと出てきます。よくわからないことに、答えが欲しい。早く安心してしまいたい。旅の途中に限らずそういう気持ちがいつも心の中にあったことに気付きます。

でもこの考え方だと、生きている時間のうち心が休まるのはほんのわずかです。何かが終われば、別の何かが始まります。”安心できる終わり”はすぐに終わってしまいます。

やっぱ、過程を楽しまなきゃね。その時その時の最善を尽くせばきっと”いい感じの終わり”を迎えられると信じ、今に集中しました。そうすると、不安はいつの間にかいなくなりました。

 

こんな風に、酔いと疲れの一歩手前で大きなヒントに出会い、この日はぐっすりと眠りました。

 

9日目 京都

前の日とはまた別の友人と、高台寺でお茶をいただき、食べ歩きをし、清水寺を参拝し、カフェでワッフルを食べ、デパ地下を練り歩きました。

途中バイク用品店にも寄り荷物ネットを購入。帰り道は肩こりからおさらばできそうです。

最後にカラオケに行き、好きなバンドのDVDを見ながらたくさん頭を振りました。バイクでの帰り道が待っているとわかっていても筋肉痛になるまで振りました。シャワーを浴び、首に湿布を貼って眠りにつきました。(湿布をくれた友人よありがとう)

 

10日目 京都→四日市

再び高速バスに乗り込み四日市へと戻ります。そしてこの日も祖父母の家で夕食をとり、私は相槌botをやりました。

バイクに反対しつつもなんやかんやで私を迎え入れ、美味しい料理を作ってくれた祖父母に感謝。長生きしてくれ。(あんたがバイクに乗ると心配で寿命が縮むと怒られたけど、そればっかりは慣れてほしい笑)

 

11日目 四日市→浜松

さてロンツー復路。この日は予報通り雨に見舞われ高速を断念。レインウェアを着て、国道1号線を来た方とは逆にひたすら進むことにします。道を考えなくても良いというのは本当にラクですな(笑)

ネットで荷物を車体にしばることができ、体力的にはかなり余裕がありました。行きと比べればちょろいもんです。その代わり雨天でプラマイゼロ…という感じでしたが。初めてレイングローブというものを使いまして、本当に手が濡れないのでびっくりしました。

豊橋を過ぎたあたりで雨が上がり、浜松を走った時には綺麗な水平線を見ることができました。天候回復の喜びと相まって感動はひとしお。

雨で体が冷え切る前に、浜松のホテルで一泊です。

 

 

この食事は本当に幸せだった…(笑)

 

12日目 浜松→東京

 

背中はフリー、天気は晴れ、知っている道。もう怖いものはありません。行きも通った場所を反対側から振り返る道のりには感慨深いものがありました。

 

バイクの上に身体が乗って、エンジンの力を借りてものすごいスピードで前に進んでいきます。私が通り過ぎるだけの街にも人々の暮らしがあり、その街を通り過ぎていく私には私の暮らしがあります。その一瞬のまじわり。

ああ、命って、今を生きてるんだなあ…過去は段々遠くなるし未来のことはよくわからんけど、今は確実に今だなあ…と、当たり前のことに気付くのでした。

 

事故やケガなどのトラブルはなく、無事に家まで帰りました。

 

 

この旅が教えてくれたこと

私なりの言葉ですが、過去や未来は言わば栄養価の低いお菓子みたいなものです。最近の私はそのお菓子をどんぶりいっぱいに盛って、がむしゃらに口に放り込み、食べすぎて怠くなって一日を終えていた感じがします。

でも、私がいるのは今。今を今として使いたい。そう考えたとき、身体は良い目印になります。常に脈を打ち、呼吸を続けてくれている身体に意識を向けると「今は今だよ、今という時間しか生きていけないよ。ほら!ドキドキスーハー!今!生きてる!」と教えてくれます。めっちゃ健気でかわいい(笑) (再生はぜひショタ声でどうぞ)

今までずっと、身体は借り物であるかのように感じていました。自分の命は本物ではない気がして、身体の面倒を見るのがすごく嫌で(寝なきゃ動かんし食べなきゃ動かんし…)、早く身体を抜け出して本来の自分に戻りたいぜ、みたいな感覚がありました。見た目の話ではなく命として、自分の身体のことがあまり好きではなかったです。

そんな私に今回の旅が教えてくれたことは「この身体で今を生きることは楽しい」ということです。え、もしかして、みんなもう知ってる…?わかってなかったの私だけですか…?(冷汗)

どちらにせよ、旅に出る前よりずっと、今を楽しめています。力を抜いて、しかしボヤっとせず確実に、今を生きている感覚があります。人の身体、案外悪くないかも。

この気持ちをずっと大切にしていきたいという想いで、旅まとめ記事後編を終わりにします。

 

良い音楽作るぞ~。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

2020年秋 心の空気を入れ替える旅【前編】

2020年秋、自粛期間で溜めこんだ心の淀みを解放すべく少し長めの旅に出ました。会いたい人に会うことと心の換気を主たる目的に据え、サブの楽しみとして多くの乗り物に乗りました。Twitterで実況的にツイートしており、その場その場の情報はなんとなくまとまっておりますが、140字では書ききれない思い出や心の動きも多々あり、こうしてブログにも記録を綴ろうという次第です。

旅の全体像はこんな感じ。東京以外は市の名前です。


■前半
1日目 東京→福岡→北九州(飛行機・新幹線・普通の電車)
2日目 北九州→下関→山口(船・自家用車)
3日目 山口→津和野(蒸気機関車)
4日目 宇部→東京(飛行機)

5日目は中休み。片付けや洗濯、後半の準備など

■後半
6日目 東京→静岡(バイク)
7日目 静岡→四日市(バイク)
8日目 四日市→京都(高速バス)
9日目 京都でステイ
10日目 京都→四日市(高速バス)
11日目 四日市→浜松(バイク)
12日目 浜松→東京(バイク)


少し長くなるので、記事はふたつに分けます。ではまず前半をあれこれ振り返っていきましょう。

 

1日目 東京→北九州

羽田から飛行機に乗り福岡空港へ。博多駅まで地下鉄で移動し、ポケモンセンターフクオカに寄りました。福岡は街の中心部からほど近い場所に空港があるので本当に交通の便が良いですね。ビジネスも観光もラクラクだなと毎度思います。

 

私は育ちの故郷が山口県で、福岡はたまに遊びに行く都会でした。キャナルシティとか、行ったなあ…。中学生のとき友達と2人でもつ鍋を食べようという話になり、入ってみたお店がゴリゴリの居酒屋だったのはいい思い出です。店員さんびっくりしただろうな…。まあ当の本人らは居酒屋の何たるかを知らないが故に入ってしまった場所が居酒屋だとわからず普通の顔してもつ鍋食べてましたけどね。

 

ここからさらに新幹線(小倉まで)・ローカル線を乗り継いで北九州の門司に行きました。

 

結局あまりお腹が空かず焼きカレーは食べ損ねてしまいましたが、門司の街をゆったり散策できました。小さいころに一度だけ門司を観光したことがありぼんやりと覚えておりまして、もう一度行きたいなと思っていたので訪れることができて良かったです。古い建物、海、潮風と夕焼け、最高でした。海にはあまり馴染みのない生活を送ってきたのでたまに海のにおいを嗅ぐと不思議な気持ちになります。

 

2日目 北九州→下関→山口

 

なんとまあ船。これは父の提案です。乗ってみたら?と(笑) 乗船時間はわずか10分ほどでした。関門海峡は狭いのです。船を降りたそばにある唐戸(からと)市場で山口に住む両親と合流し、沢山の海鮮を頬張りました。市場の屋上に広場があり、買ったものを食べられるようになっています。芝生の上でお寿司ってあんまりないよね。(屋上じゃなくても、市場の外などで割と自由に場所を探して飲食できます)

 

その後親の車で実家に帰り、しばらくのんびりしました。夕食には地元のラーメンを。食レポは別の記事にしているので良かったら読んでくださいませ。

 

3日目 山口→津和野

新山口駅からSLやまぐち号に乗り島根県の津和野町まで。約2時間の旅です。牽引車はD51という蒸気機関車でした。

 

このSLやまぐち号というのは毎年夏~秋の土日に運行されている汽車です。新山口-津和野間を一日に一往復します。今回乗ったのは往路のみ。母とふたりで乗って、復路は汽車とは別に父が運転してきていた車に乗りました。

これもまた小さいころに乗ったことがありそれっきりだったのですが、もう一度乗ってみたいなと思った次第。大人になってから乗ってみるとまた違う印象がありますね。小さいころは遠方に出かけるというだけの単純な楽しさでしたが、今回は古き良きもののロマンや煙のにおいを感じたり、利便性と風情の共存について考えたり、展望デッキから心を泳がせる楽しみを味わいました。

SLについてはYouTubeに動画を上げる予定です、お楽しみに。

 

4日目 宇部→東京

両親と昼食をとり、ここで一度東京に戻ります。事務的なことをするためと、後半のロングツーリングに向けた準備に時間を取りたかったためです。帰りは山口宇部空港から羽田へ。宇部空港、小さくてなにもないけどいつも空が綺麗だから好き。

 

5日目 中休み

 

さて、前半の記録はここまで。

 

ありとあらゆる乗り物で移動をしながら、私は身体というものについて考えを巡らせることになります。人は移動する能力を元々持っているけど(足がある)それより早く遠くへ行くための手段がいくつも開発されて、自分を取り巻く環境は身体本来の範囲よりグッと広がっていて、それでも我々はこの身体に入ったまま生きてゆくのです。このしがらみのような、奇跡のような、よくわからないものを持って生まれ、これなしでは命は成り立たず、しかしこれがあることで様々な制約を背負い、私はこれの寿命が尽きるまで何をして生きていくんだろうか?と、半分希望、半分面倒臭い、みたいな感情を抱え、旅は後半へと続きます。

 

 

 

2020年10月の麺

山口県の実家より更新しています。実は今月のラーメンこれで二杯目。一杯目は富士急ハイランドNARUTOエリアにて一楽(いちらく)のラーメンを食べたのですが、そちらはもうYouTubeの動画に登場してしまったため番外編という扱いにさせていただきまして、こちら今月のラーメンです!

 

f:id:pfau935:20201024202352j:image

 

山口県山口市 らーめん専門店 一髄(いちずい) の 『一髄ラーメン』です。

山口のラーメンって皆さん食べたことありますか?宇部ラーメンという括りもあるらしいのですが、スープはとんこつで、ちょっと臭くて(それが良い)、麺は細いけど細すぎず、スタミナ系とはまた違った力強さがあって、博多のとんこつとはまた違って濃厚で…改めて文字で説明しようとすると非常に難しいのですが、この手の一杯を作るラーメン店、私は東京で見たことがありません。地元に帰らないと食べられない味だと思っています。

 

ここのお店は初めて行きましたが、久しぶりに食べた故郷の味…という感じで幸せの一杯でした。ちなみに、高菜 もやしなどのトッピングは無料で付けることができます。嬉しい。

 

f:id:pfau935:20201024203545j:image

 

ごちそうさまでした。

 

 

2020年9月の麺

いやんいやん。3ヶ月ぶりのラーメンブログです。今年の夏は教習やら何やらでブログに全然手をつけられませんでした。諸々落ち着いてきましたので、また気ままに書いていこうと思います。

さて2020年9月のラーメンは、町田市にあるお店「町田汁場 しおらーめん進化 本店」の「しおらーめん」です。ラーメン好きの友人が教えてくれました。一応今回のラーメンはバイクの納車祝いの位置づけですが(バイク買ったんだー!)実際のところ口実作ってラーメン食べたいだけですよね、まあ。

 

で、こちらがそのラーメン。

 

f:id:pfau935:20200929210024j:image

 

ひとくち食べて度肝を抜かれました。え、塩ラーメンってこんな美味しいの…?

麺は非常につるつるしていて、食感はそうめんに似ているものがあります。透き通ったコク深いスープにピンクのチャーシュー、とっても美しいラーメンです。繊細なのにしなやか。切なさを感じる美味しさが口の中に広がります。

 

が、店内BGMはしっかりハードめのロックです(バスドラ16連が2分に1〜2回聞こえる程度) なんかそのギャップがおもしろくて、食べながら笑ってしまった。

ハードな音楽を好きな人が繊細なものを作っているっていうのが、良い(笑)

 

私がお店に着いたのは13時前くらいだったと思います、前に2組並んでいました。人気があるのも頷けます。

 

f:id:pfau935:20200929211026j:image

 

ごちそうさまでした。

 

 

----------
この日ラーメン屋さんに行ったときのモトブログです。 

www.youtube.com

 

 

2020.9.20 暮葉 コロナ禍でのライブを終えて

ライブ後少し時間が経ってしまいましたが、2020年9月20日 府中Flightにて、暮葉で久しぶりにお客さんを呼んでのライブをしました。足を運んでくださった皆様、また応援メッセージをくださった皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました!

ほんとうに、やって良かったです。演奏する目の前に皆さんがいるというのは、何にも代えられない素晴らしいことです。

しかしその一方、「実際に見るライブには、配信にはない魅力がある」と思いつつも、この状況でのライブのあり方については結局正解がわからないままです。

その場にいるすべての人が自らの意思でそこに集まり、自らの意思でその場を楽しんでいる…そう信じ、私たちは今後もライブをしようと思っています。

ライブハウスも私たち出演者もできる限りの対策や注意喚起をします。その点はしっかりやっていくので、安心してくださいね。"ちゃんとしてない場所"に皆さんを呼ぶようなことはしませんので。

 

なんというか、「バンドを組んで音楽を作ってライブをする」って言うだけなら単純なことなんですけど、そこには色々な想いが詰まっていて、意味があり、希望があり、思い出があるので、それをなるべく高い純度で音に詰め込むべく努力していこうと改めて心に刻んだ一日でした。

 

いつの日かまた心置きなくライブを楽しめるときが来ることを願って、今は今を大切にしていきましょう。今後ともバンド暮葉をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

雨が好きだよ。

ワークマンで雨用の服を一式揃えた。素晴らしき撥水。お手入れ用の防水スプレーもある。これで雨の日も原付でどこまでも行けるんだと思うと心が躍る。

 

私は雨が大好きだ。もちろん晴れも曇りも風も雷も好き。でも雨は特別。心が潤う。

物質的な面を見れば雨の日は面倒ごとが多い。傘をさしたり、レインコートを着たり、靴下の替えを忘れずに持ったり、タオルを忘れずに持ったり、濡れたものを入れるビニール袋を忘れずに持ったりしなくちゃいけない。あんまり急に気圧が下がると身体がびっくりして痛むことだってある。だから家から出るのは少し億劫。窓の外の雨を、内側から楽しむことが多かった。

 

がしかしだ。もうそんな我慢しなくて良いのだ。雨用の服を着て、行きたいところに行こう。雨の日に外でやりたいことがたくさんある。

公園の木の下でコーヒーを飲みたい。秘密の高架下でこっそりおにぎりを食べたい。傘に雨粒が当たる音をずっと聴いていたい。水溜りに反射する景色を写真に収めたい。道ゆく濡れた車を眺めたい(美しい車は濡れるとより一層美しいと思う)

 

全部やろう。全部全部やろう。せっかく雨のある星に生まれたんだもの。あふれるほどに楽しませてくれ。

 

 

 

 

関係ないけど、小学生の時に近所の友達みんなで傘を持ち寄って全部開いて地面に置いてうまく重ねてテントみたいにして秘密基地ごっこをしていたのを思い出した。ほんとに秘密基地だった。

 

 

2020年6月の麺

ハイーーー。今月は龍の家(たつのや)というラーメン屋さんに行きました。博多?とんこつです。個人的定番の味玉トッピング。

 

f:id:pfau935:20200612113359j:image

 

最近は豚骨以外のラーメンにチャレンジすることが多かったので、久しぶりに食べたピュアな豚骨ラーメンには家のような安心感がありました(笑)

 

この日は友人と。私もその子も結構食べるのが早くて、一瞬で完食してサクッと出ました(笑) 普段はなるべくゆっくり食べようにしていますが、ラーメンは無理ですわ…飲むように食べちゃう…。

 

シンプルで、最後まで美味しいとんこつでした。ごちそうさまでした。

 

f:id:pfau935:20200612113846j:image

 

やはりラーメンはしあわせだ。