クミコオオシマの日記帳

2ピースバンド暮葉のギターボーカル クミコオオシマがつらつらと書きます。日々のことやお知らせ、ちょっとしたまとめ、あとはラーメンの記録とか。ね。

2020.9.20 暮葉 コロナ禍でのライブを終えて

ライブ後少し時間が経ってしまいましたが、2020年9月20日 府中Flightにて、暮葉で久しぶりにお客さんを呼んでのライブをしました。足を運んでくださった皆様、また応援メッセージをくださった皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました!

ほんとうに、やって良かったです。演奏する目の前に皆さんがいるというのは、何にも代えられない素晴らしいことです。

しかしその一方、「実際に見るライブには、配信にはない魅力がある」と思いつつも、この状況でのライブのあり方については結局正解がわからないままです。

その場にいるすべての人が自らの意思でそこに集まり、自らの意思でその場を楽しんでいる…そう信じ、私たちは今後もライブをしようと思っています。

ライブハウスも私たち出演者もできる限りの対策や注意喚起をします。その点はしっかりやっていくので、安心してくださいね。"ちゃんとしてない場所"に皆さんを呼ぶようなことはしませんので。

 

なんというか、「バンドを組んで音楽を作ってライブをする」って言うだけなら単純なことなんですけど、そこには色々な想いが詰まっていて、意味があり、希望があり、思い出があるので、それをなるべく高い純度で音に詰め込むべく努力していこうと改めて心に刻んだ一日でした。

 

いつの日かまた心置きなくライブを楽しめるときが来ることを願って、今は今を大切にしていきましょう。今後ともバンド暮葉をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

雨が好きだよ。

ワークマンで雨用の服を一式揃えた。素晴らしき撥水。お手入れ用の防水スプレーもある。これで雨の日も原付でどこまでも行けるんだと思うと心が躍る。

 

私は雨が大好きだ。もちろん晴れも曇りも風も雷も好き。でも雨は特別。心が潤う。

物質的な面を見れば雨の日は面倒ごとが多い。傘をさしたり、レインコートを着たり、靴下の替えを忘れずに持ったり、タオルを忘れずに持ったり、濡れたものを入れるビニール袋を忘れずに持ったりしなくちゃいけない。あんまり急に気圧が下がると身体がびっくりして痛むことだってある。だから家から出るのは少し億劫。窓の外の雨を、内側から楽しむことが多かった。

 

がしかしだ。もうそんな我慢しなくて良いのだ。雨用の服を着て、行きたいところに行こう。雨の日に外でやりたいことがたくさんある。

公園の木の下でコーヒーを飲みたい。秘密の高架下でこっそりおにぎりを食べたい。傘に雨粒が当たる音をずっと聴いていたい。水溜りに反射する景色を写真に収めたい。道ゆく濡れた車を眺めたい(美しい車は濡れるとより一層美しいと思う)

 

全部やろう。全部全部やろう。せっかく雨のある星に生まれたんだもの。あふれるほどに楽しませてくれ。

 

 

 

 

関係ないけど、小学生の時に近所の友達みんなで傘を持ち寄って全部開いて地面に置いてうまく重ねてテントみたいにして秘密基地ごっこをしていたのを思い出した。ほんとに秘密基地だった。

 

 

2020年6月の麺

ハイーーー。今月は龍の家(たつのや)というラーメン屋さんに行きました。博多?とんこつです。個人的定番の味玉トッピング。

 

f:id:pfau935:20200612113359j:image

 

最近は豚骨以外のラーメンにチャレンジすることが多かったので、久しぶりに食べたピュアな豚骨ラーメンには家のような安心感がありました(笑)

 

この日は友人と。私もその子も結構食べるのが早くて、一瞬で完食してサクッと出ました(笑) 普段はなるべくゆっくり食べようにしていますが、ラーメンは無理ですわ…飲むように食べちゃう…。

 

シンプルで、最後まで美味しいとんこつでした。ごちそうさまでした。

 

f:id:pfau935:20200612113846j:image

 

やはりラーメンはしあわせだ。

 

 

 

近況 2020.6.11

思うように身動きが取れない部分もあるけれど、ワクワクを追いかけるのは変わらず楽しいものです。最近はライブができない&今後の予定が読めないので、家で曲を作ったり、勉強をしたり、あとはYouTubeの秘密基地で遊んだりしています。決して煌びやかではないが、それとなく充実、という感じ。

 

コロナウイルスの感染拡大をきっかけに色々なことを見つめたり、気付いたりしましたが…そもそも命というのは常に不安定で奇跡的なものだと、改めて思う今日この頃です。

 

今月はラーメンを食べたのでその記事もまた書きます。

 

下記、私のYouTubeチャンネルです。まあとんでもなくゆるいですが、ゲームをしたり原付に乗ったりしています。良かったら覗いて行ってくださいね。

www.youtube.com

 

 

ではまた☺︎

 

 

ひとり暮らしコロナ禍での困りごとの記録

どうにも調子の悪い予感。憂鬱な気分でぼ~っと横たわる時間が増えている。単純に引きこもっていて人に会えないから寂しいのかなと思っていたが、意外とそういうわけでもないらしい。

憂鬱の原因をあれこれ考えて一晩、なんとなく理由がわかってきたので記録として残しておく。仕事はしていない。時間だけはあるので資格の勉強中。傍らで音楽をやっているがそちらもコロナの影響でライブやイベントは停止中。外出を極力減らしほとんど部屋で過ごすようになって1か月が経つ。

 

・人から認識されないと自分が社会から消えた気がする

かなりびっくり案件。人とのお喋りや交流は相手がこちらを認識しているからできること。他人との関わりの中でしか自分を見出せない、交流を絶ってしまうと自分の存在が薄くなっていく。「あれ、私、誰からも見えてなくない?いなくて良くない?」みたいになってくる。

→対処法不明
 友人との通話やオンライン飲みは頻繁に開催している(ほぼ毎日) 実際に人に会うことでどれだけ精神的パワーを得ていたのか思い知らされるばかりである…。

→2020.5.11追記
 思い切って周囲の人に弱音を吐いた。密を避けつつ直接会ったりも。ひとりでどうにかしようと張りつめていたようだ。頼ろう。

 

・先が見えない不安

これは誰もが抱える不安だろうなと思う。私も少しつらい。

→対処
 自分で勝手に終わりを作ってみる。と言ってもコロナウイルスの感染拡大がいつ終息するかはわからないので、例えば4月いっぱいはとにかく休む、5月~中旬までは資格の勉強を重点的に、という感じで、数週間単位でやることを決めていくのはどうだろう。区切りごとにその時の社会の様子を確認してその後の過ごし方を決めていく。「楽しいかどうか、心地よいかどうか」を基準にやることを決められたら尚良し。

 

・食事がつまらん

毎日毎食ひとり。自分で作った味。どうせ自分で食べるからと盛り付けもぐちゃぐちゃになって自暴自棄定食量産機と化している。もはや何も食べたくない。

→対処法不明
 食費が少々かさむのを覚悟でテイクアウトやデリバリーをもっと利用してみるか…。元気があれば「いつもと違うレシピにチャレンジ♪」というのも手だが憂鬱なときはそういう気分になれないのがなんとも。

→2020.5.11追記
 周囲の人たちに不安を話したところ、ある人は「良いものを食え」と食材を分けてくれ、またある人は「普段とは違う味を」とおかずを分けてくれ、多くの人に助けられた。頼ろう。恩はそのうち返します。

 

SNSを見すぎる

誰とも知れぬ人々の感情が一方的に流れ込んでくるSNSのやりすぎは体に良くない。

→対処
 ネットは能動的な調べものや買い物に限っておくのが吉、SNSを眺める時間を別のことに使うべし。それと最近気づいたのだが、英語のニュース番組を流しておくと言語の違いでワンクッション置けて感情の乱れが少ない。感受性強すぎて困っている人におすすめ。

 

・運動不足と体調不良の悪循環

外に出ない→運動不足→体力落ちる→動きたくない→運動不足→体力もっと落ちる…このループにはまってしまったように思う。4月中旬ごろまでは家の中でできる運動を意識的に生活に取り入れていたが、なんだか突然疲れてしまった。

→対処…?
 軽いストレッチから再開…する元気がない…。

→2020.5.11追記
 心が回復するにつれだんだんと運動したい気持ちが出てきた。動きたくないときは無理に動かなくても良かったようだ。内側からエネルギーが湧いてくるまでは体が休みを必要としている。

 

・体調を崩してはいけないという義務感、怯え

おそらく自分はコロナウイルスに感染することを恐れているのではなく「この自粛期間中に体調を崩してはいけない」という思い込みに縛られている。平常時の体調不良ならば友人知人を頼れるが、今は人に会うことが憚られる。だから万一のときも助けを求めることはできないので自分ひとりの力で健康を維持しなければならない…云々。

→対処法不明。
 現在既に調子が悪いが、これもひとりで乗り切らねばという思いがある。

 

同じようにひとり暮らしの方はどうやってこの状況を過ごしているのだろう。コメントをする余裕のある方がいらっしゃいましたら、コメント欄やTwitterリプライにて知恵をお貸しください。

 

対処法が分かっていない困りごとについては回復の折をみて追記予定。

 

 

2020.5.11追記
この記事を最初に書いたあと、たくさんの人に助けられた。人間は関わり合いの中で生きている。「他人を頼ってはいけない時」なんてものはない。やり方は限られても、少し誰かに背中を預けよう。

結局はこういうシンプルな話に落ち着いたのでした。

手を差し伸べてくださったすべての皆様に改めてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました!

 

家での時間

外出をなるべく控えて過ごしています。家にこもりきりでモニョモニョしている人も多いのではないでしょうか。私も若干モニョモニョしています。年明けごろから健康を取り戻してきていて、さあこれからどんどん外に出る練習をするぞと思っていた矢先にこんな状況です…。

病気がちだったころはベッドの上で丸一日過ごすなんてよくあることで、家にこもることは何ら苦ではなかった、というか、体が動かないので引きこもるしか選択肢がなかったのですが(笑) 暇を持て余してしまうかも…と心配できるのは、ある意味元気になってきた証拠でもあるというわけです。

こうやって、あるものや得たものに目を向けるチャンスなのかなと感じます。もちろん感染は怖いですが、その恐怖にとらわれて怯える時間は自分にとって益になりません。

最近は専ら制作に励んでいます。新しい歌を書いたり、バンドのデモ音源を作ったり、これから作りたい動画用のBGMを作ったり、なんとなしにギターを弾いたり。音楽以外だと料理をしたり、掃除をしたり、あとはヨガやストレッチなど。外出しない分まとまった制作時間を取りやすいので、ものづくりに携わる人は似たような感じなのかもしれませんね。

料理をするときは積極的にツイキャスで配信していきたいなと思っています。他愛もない会話の時間になればと思います。黙々とやるより私もその方が楽しいんですよね(笑) 私のツイキャスのページはこちらです。よければ通知登録をお願いいたします('ω')

https://twitcasting.tv/kumikoohshima


人により様々な心配事や困りごとがあるかと思います。自分、家族、大切な人、お金、仕事、住む場所、心のもやもや…。つらいけど、胸の中に渦巻く何とも言えない感情をどうか、グシャグシャに丸めて捨ててしまわないで。大切なものに気付いてほしくてその感情はあなたのもとに来ています。そっとすくって、認めてあげてください。そして気が向いたら、人に話したり文字にしたりしてみてください。そうこうしていくうちにその感情はきっと心になじみ、あなたの味方になります。

私も日々自分の感情と向き合いながら音楽を作っています。いつまで続くかわからない不安とそっと共存する暮らしです。


ああ、早くライブしたいな…。


日常が戻るまで、踏ん張りましょう。私たちなら乗り越えられると信じます。

 

引きこもりながら作ったミュージックビデオです。窮屈な気持ちが和らぎますように。


[MV] 暮葉 - mob

 

 

2020年3月の麺

今月は静岡の地でラーメンをいただきました。と言っても全国チェーンですが…

丸源ラーメン 長沼店

熟成醤油ラーメン 肉そば です!

f:id:pfau935:20200323201942j:image

 

焼豚ではない…なんていうか、お肉がたくさん入っていて新鮮でした。写真でオレンジに写っているのはゆずおろし。これを少しずつスープに溶かしていただきます。

 

色々とはじめての味でした。とても美味しかった。東京にもあるみたいなのでまた食べに行きたいと思います◎

 

f:id:pfau935:20200323201955j:image

 

ボックス席がゆったりしていて良かったです。

 

ごちそうさまでした。